iphoneもファブレット化していく

9月9日の深夜に発表されたiphone6PLUSは予想していた6インチではありませんでした。
5.5インチでしたが、旧機種に比べるとかなり大きくなり、見やすいし使いやすいだろうとは思いました。
重さも170gと問題なさそうで、ごろ寝でも快適に使えそうでした。
ユーザーが液晶の大きさをスマホ選びのポイントに上げているというトレンドを考慮して大画面にしたわけですから、要はもっとネットに繋いで遊んでねということなんでしょう。
電話するだけならあんな大画面は必要ないと思いますからね。
かえって邪魔ですもの。

スマホのファブレット化のトレンドはこれでハッキリしたと思います。
無料電話に席巻されて通信キャリヤも通話代では稼げないわけですから、今後はネットとアプリで、何とか利益を上げれるように頑張るしかないのだと思います。
キャリアと直接契約しなくてもいいSIMフリータイプでも7万円以上するし、どうせ私は新品を手にすることは出来ませんから、安価な中古が出回るまで待つか、ファブレットと化したiphone6PLUSの人気化により、下落したアンドロイド・スマホの型落ちモデルでも狙うことになるでしょう。